招待状から結婚報告ハガキまで…お客様参加型ペーパーアイテム&ビデオ制作のdream do

ビデオムービー

 汚れやキズが付いた写真も基本的にはデジタル加工にて修正が可能です。細かなキズやホコリなどは違和感なく取り除くことが出来ますが、かなり広い範囲の汚れや大きなキズなどは少し違和感が残る可能性がございます。なお、これらの写真補正はすべて追加料金は頂いておりません。

パンフレットのページ数変更など同シリーズのコース変更であれば変更可能ですが、例えばパンフレットから究極のペーパーアイテムへ異なるシリーズへの変更はできません。また、原則的には披露宴の1ヶ月以内からのコース変更はできません。
「究極のペーパーアイテム」については変更可能期間がお客様が注文した内容により変わりますので、お申し込みの時点でご説明致します。
ビデオムービーにつきましても、オープニングムービーからエンドロールに変更など、異なるシリーズへの変更はできません。同シリーズで写真に加えてビデオ映像を入れたいなどの変更はお受けできます。ただしこの場合も原則的には披露宴の1ヶ月以内までとさせて頂きます。
 

席次表の変更と同じく、披露宴の3週間前まで変更可能です。 

はい。全てのビデオムービーにてお客様自身が書かれたイラストや文字を使用できます。さらに、イラストや文字の線がはっきりと太く書かれていれば文字自体を抜き取ることができ、紙色の部分は透明にできます。移動や拡大縮小、回転など編集が自由自在にできますので、ビデオムービーにちょっとしたアクセントを付けることができます。
 

※極端に線が細い場合はうまく切り抜けない場合がございます。
※紙色とイラスト・文字の色の差がない(コントラストが無い)場合にも切り抜きがうまくいかないことがございます。

 

他社や式場で取り扱っているビデオムービーでは非常に短い時間に制限されていますが、dreamdoではお二人に満足して頂ける作品作りを第一に考えておりますので、基本時間はオープニングムービーは5分まで、生い立ちムービーは10分まで、そしてエンドロールは8分までと余裕の基本時間となっております。ですから写真点数を減らしたり、1枚当りの写真・文字表示時間が短くなってしまう心配もございません。特に生い立ちビデオでは時間に余裕が出来ますので、ゲストの方々にもじっくりとご覧いただけるかと思います。

なお、時間延長もオプションにて対応しておりますので詳しくは商品価格表ページをご覧ください。 

申し訳ありませんが似顔絵やイラストの制作は行っておりません。しかし、キャラクターや複雑なイラストが伴わないロゴマークの作成はサービスでデザインしております。

DVカセットに録画されたビデオ映像のみの対応となります。ハイビジョン映像であるHDVも対応可能です。ただし、完成映像はハイビジョン映像ではなくDVD画質となりますのでご了承ください。

残念ながらビデオ映像での人物切り抜きは今現在対応しておりません。しかしながら今後は当社敷地内に簡易スタジオを新たに設置し対応予定でございます。さらに写真の切り抜きにおいては現在対応しておりますので、ビデオ映像の一部に利用することができます。写真の切り抜きは雑誌やテレビ等にも頻繁に使用されている制作手法の一つです。もちろん、追加料金などは一切無く基本料金のみで制作いたします。写真枚数制限もありませんので、好きなだけ切り抜きます。写真の切り抜きによってプロの演出が手軽に実現できます。
 

※短納期でのご注文では一部対応できない場合もございます。披露宴の2ヶ月前にご注文と全ての写真をお持ち頂くことをお勧めいたします。