招待状から結婚報告ハガキまで…お客様参加型ペーパーアイテム&ビデオ制作のdream do

はじめに

dream doでは新郎新婦様はもとよりお二人の結婚を祝福された方々すべてに感動と喜びを与えるために全力で取り組んでいます。
人生の一大イベントでもある結婚ですから、新郎新婦になられるお二人と共に満足のいくウェディング・コンテンツを創ることが第一と考えております。もちろんすべての作品はレイアウトひな形を使用しない手作りですから、今日においては結婚式場や披露宴会場は様々なスタイルが誕生しましたが、ビデオムービーやペーパーアイテムではまだまだオリジナルティーに欠けた内容の物がほとんどです。お二人の要望に答えると共に個性を最大限に引き出す作品に仕上げます。具体的な構想が思い浮かばなくても、こちらから提案いたしますのでどうぞご安心下さい。


 

結婚式を手伝う者として


最近ではお客さんにお話を聞くと、式場や披露宴会場自体は満足されているのですが、サービスに不満の多いお客さんをよく目にします。
例えばある打合せの一コマとして「このサービスはプランの中に含まれています。」「これはオプションになります。」「このサービスはプランに含まれているので、外して他の業者さんに頼みますと持込み料金が掛かります。」とこんな会話をよく耳にします。おそらくこの業界も価格競争が激化して各式場さんもある程度内容が決まった「プラン」というものを作ることによって、コストを少しでも抑える傾向にあるようです。でも逆に結婚するお二人にとっては式場さんが提供するプランに必ずしも満足するのでしょうか。
dream doでは人生の一大イベントである結婚式を一生で最高のイベントになるよう最大限努力しております。お客様のご要望を優先的に取り入れ枠組みにとらわれず出来ることは全てやるように心掛けております。技術的なことや設備的なことで叶えられないこともあるかと思いますが、まずは考え挑戦してみる事が重要だと思っています。挑戦してみてクリア出来ることだってあるはずです。こうして我々自身の成長にもつながり、より質の高いサービスをお客様にご提供できると思っております。


 

お客様参加型のコンテンツ作り


dream doでは、まずお客様のご要望をお聞きして打合せを重ねることによってウェディングコンテンツを制作していくことが重要と考えております。
他店においては、ある程度要望などは書類に記入するものの、提出してあとはおまかせで出来上がりを見てガッカリなんていうこともあります。そういった一方通行的な事では、良いコンテンツを作ることは出来ません。
また、お客様とdream doスタッフと打合せをする際には、時にはお客様自身が良いアイデアをご提案したり、細かなご指摘を頂いたりといった「お客様参加型」のコンテンツ作りを目指しております。そして、何より実際にお客様とお会いして会話を重ねることによってお客様をよく知る事にもなり、コンテンツ作りにおいて少しでもお客様のご要望により近づける物を作ることが出来る物と思っております


 

時間や努力を惜しまないコンテンツ作り


他社においては決まった書類に記入して写真等の原稿を添えて申し込んであとは待つだけ。こんな形がほとんどではないでしょうか。当然この形式ではひな形やあらかじめ作っておいたレイアウトスタイルなどを使って制作していくことでしょう。ですから制作時間もかなり短くて済むでしょう。
しかし、dream doでは打合せが多い「お客様参加型」なのでどうしても時間が掛かってしまいます。細かな写真の修整作業や写真枚数制限が無いのでたくさん使用したり、切り抜き画像を積極的に使用するといったように、長い時間を掛けないと出来ないこともたくさんあります。出来上がったビデオムービーやペーパーアイテムなどを見ていただければきっとその違いを感じていただけると思います。


 

限定制作で妥協せずじっくり作る


上記のことを踏まえますとどうしても膨大な時間が掛かってしまいます。コンテンツの質を落とさないためにも、お客様を1月当り5組前後に制限させていただいております。